メガネの修理は必ず店舗に相談を。
メガネ修理・調整の注意点

普段からメガネを使っていると、たとえ注意していてもメガネが壊れてしまうことがあります。愛着のあるメガネを使い続けるには、些細な不具合でも自分での修理はおすすめできません。
そのため、メガネの修理はどこにお願いすればいいのか、どんな修理なのかをご紹介します。

メガネが壊れた・不具合がある場合は
お気軽にキクチメガネにご相談を

キクチメガネで購入されたメガネ以外に、他店で購入されたメガネについても修理のご相談を承ります。お近くのキクチメガネにご来店ください。

壊れ方による修理内容

メガネの修理は状態によって修理方法やかかる費用が異なります。壊れ方により修理が可能か、どんな修理が必要になるのかをご紹介します。
ただし、一見軽度なキズに見えても、フレームにとって大きなダメージになっていることがあります。自己判断はせずに、こちらの内容を参考にメガネ店でご相談ください。

フレームの不具合

フレームの歪み

メガネの「つる(テンプル)」が開いてしまったなどの歪みは、店頭にて無料で調整が可能です。軽い歪みの場合は自分で直せると思われがちですがおすすめできません。自分に合った調整が変わってしまいます。

フレームが折れた

フレームの種類によっては特殊な加工が必要となり、すぐに直らないことがあります。その場合はメーカーに送ることがあるため日にちと費用がかかります。
折れたフレームを繋ぎ合わせられるかどうかはフレームの素材によって変わります。

メタルフレーム(金属)の場合
レーザー溶接で修理ができる場合もあります。メガネ店でご相談ください。

セルフレーム(プラスチック)の場合
修理が難しい場合があります。メガネ店でご相談ください。

丁番(ネジ)が外れた

レンズのサイドにある折りたたむ部分の丁番(ネジ)が外れた場合は修理が可能です。
外れた部品が残っている場合は店頭で対応できることが多いです、一方で部品を紛失している場合は部品を取り寄せるか、メーカーに送る必要があります。その場合は取り寄せる日にちと費用がかかります。

テンプルが外れた(ロー離れ)

メタルフレームで溶接されている部分が外れてしまったことをロー離れといいます。修理できる場合もあるため、メガネ店でご相談ください。
フレームの種類によって特殊な加工が必要となり、すぐに直らないことがあります。その場合、メーカーに送るため、日にちと費用がかかります。

レンズの不具合

レンズが外れてしまった

ただはめ直しただけではすぐに外れてしまうため、外れたレンズとフレームを持ってメガネ店に持ち込みをしてください。

レンズに傷がついてしまった

レンズにキズができた場合、基本的に修理はできません。そのため、レンズ交換をおすすめしています。

レンズが割れてしまった

レンズが割れてしまった場合もレンズ交換となります。
その場合に必要なのがフレームの点検です。点検の結果によりフレームをそのまま使えるのか、新調された方がいいのかをご提案いたします。

自己判断せずにメガネ店に相談を

これまで修理方法を紹介しましたが、ご自身での修理はおすすめしません。
すぐ直せそうな壊れ方でも、見えないところにダメージが響いている可能性があります。メガネは繊細なものです。どんな小さな不具合でもプロにお任せください。
購入したメガネ店が最もおすすめですが、キクチメガネでは他店で購入したメガネの修理も承っております。修理が必要か迷った際はぜひご相談ください。