自分に合うメガネを作る
視力の基礎知識
どのくらいの視力からメガネが必要?

視力検査の結果が悪くなったり、免許取得・更新など、メガネが必要か考えるタイミングは何度かあると思います。目安になる視力はありますが、本当にメガネが必要かどうかは人それぞれ違います。どの時点でメガネを使うべきか、基準をお話します。

どのくらい視力が低下したら
メガネが必要?

皆さんが自分の視力を知る機会で多いのは、やはり健康診断での視力検査だと思います。触れる機会が多い数値なので、おおよその目安を紹介します。
ただしあくまで目安なので、見え方に不安がある場合は眼科の受診をおすすめします。

1.0以上
日常生活に支障がなく十分見えていることがほとんどのため、メガネは必要ありません。
0.7~0.9
遠くの文字がにじむなど、人によっては見えにくいと感じることがある視力です。メガネがなくても問題ありませんが、目の状態を確認してもらうと安心です。
0.3~0.6
運転免許でメガネかコンタクトが必要になる視力です。日常に支障がない場合は、必要な時だけメガネを使用することをおすすめします。
0.2以下
裸眼ではかなり見えない状態です。メガネを常用されることをおすすめします。
  • 視力だけではメガネが必要か
    判断できない

    おおよその目安を視力検査の結果で紹介しましたが、この数値だけでメガネが必要かどうかを判断することはできません。
    見え方は度数だけでなく、目の状態や生活環境によって大きく変わってきます。近視ではなくても、遠視や乱視のためにメガネをかける必要がある人もいます。

視力チェックの重要性

健康診断での視力検査は遠くが見えているかを判断していることがほとんどです。そのため、目の状態全てを知ることができず、乱視かどうかなどはわかりません。
メガネが必要かどうかはきちんと目の状態が分かったうえで、ライフスタイルに合わせて検討する必要があります。自分で判断せずに眼科を受診するかメガネ店での相談をして判断しましょう。

メガネ店で相談する場合は、視力チェックに力を入れているメガネ店をおすすめします。簡易的なチェックでは目の状態がわからず、合わないメガネになってしまうことがあります。

キクチの視力チェック

初めてのメガネ作りは
キクチメガネにお任せください

キクチメガネでは最適なメガネをご提供するスペシャリスト「認定眼鏡士」の資格を多くの社員が持っています。細かくチェックすることで、お客さまの使用目的、見るときのクセなど、色々な条件を考慮し、ライフスタイルに合ったメガネをご提案しています。

キクチメガネで相談しよう

お客さまに快適な視生活を提供したい想いから、視力チェックは無料で行っています。
ご希望の方にはご購入に関わらず視力チェックを丁寧に行いますので、お気軽にご来店ください。