キクチからのメッセージ

創業以来貫いてきた「ビジョンケア」という考え方を元にしたキクチからのメッセージを紹介します。

キクチのスローガン

数え切れない「見る」を重ねて、ひとは歳重ねてゆく すべての「見る」に、こたえを。

数え切れない「見る」を重ねて、
人は歳を重ねてゆく。

夢を叶えようと熱心に追いかける黒板の文字。
太陽の美しさに心を奪われる旅先の夕暮れ。
おばあちゃん!と駆け寄ってくる孫の笑顔。

ひとは一生のうちに、どれだけの「見る」を重ねるのでしょう。
でも、一つひとつの「見る」という行為に少しでもストレスを感じていたら、
そのひとの生活は満たされていると言えないのではないでしょうか。
私たちは、ひとが「見る」ときに生じるすべての悩みをなくしたい。

初めてかける近視のメガネから、遠近両用など多焦点のメガネまで。
私たちのメガネづくりはすべて、お客さまが何にお困りのかはもちろん、
用途や生活習慣など、お話を詳しく伺うことから始めています。
ときには、口に出されないようなご要望まで思いを巡らすことも。
お客さまを深く知れば知るほど、理想のメガネに近づくことができる。
そう考えているからです。

あなたの、かけがえのない毎日に、人生に。
ずっと応えられる技術と知識と気持ちを持ち続けよう。
すべての「見る」に、こたえを。
私たちの想いと意思を込めたこのスローガンから、新しいキクチメガネが動き出します。

株式会社キクチメガネ
代表取締役社長 森信也

100周年メッセージ

100周年メッセージ

目が「悪い」なんて、
思ってほしくない。

視力表で測定された数値が低いとき、人は当たりまえのように目が「悪い」と表現します。けれどメガネやコンタクトレンズで補正できるのならば、本当は何も「悪い」ことなんてありません。確かに裸眼の人より面倒は多いかもしれない。
でも、それだけのことなのです。日常生活に不便がないように正しく視力を補正できれば、目は「悪い」ではなく「個性」になります。そして、目や顔立ちへのフィッティングが最適なメガネと出会えれば、その「個性」はもう「魅力」のひとつです。
100年にわたってお客さまのビジョンケアを第一に考え、そのための技術を磨きあげてきた私たちだからこそできること。
認定眼鏡士があなたのイメージやライフスタイルに寄りそって、あなたの目の「個性」を輝かせるお手伝いをいたします。

100周年のキクチメガネにお任せください。