ぼく、せんよう。
みんなの顔がよく見えるメガネ。

さいきん、前のほうの席ばっかり。

なんか、いやだな。
いつも先生がぼくを見ているみたいで。
じゅぎょうで、よくあてられるような気がする。

ママがメガネをかけなさいって言うから
いっしょにお店へ行ってみた。

でもお店には、スポーツブランドのメガネもあったりするんだ。
カッコイイし、かけやすいかも。

お店のおねえさんがいろいろ測って
かおの形や長さに合わせてくれたんだ。

ぼくだけのためにつくるって、ちょっとうれしい。

かけてみると、ママのニコニコ顔がよく見える。
パパが似合うぞってほめてくれた。

これであとは、次の席がえがたのしみだな。
でも、これないしょだよ。
あのコと近くの席になりたいんだ。

目を細める。頭を傾けて見る。目をよくこする。集中力がなくなった。
お子さまにこうしたサインがあれば
もしかしたら、視力が落ちているのかもしれません。

キクチメガネでは、まず正確に視力を検査。
活発に動くことを考慮しながら、メガネがずり落ちたり
鼻や耳の後ろが痛くならないよう、お顔にフィットさせます。

店舗には、確かな知識と技術を持つ
スペシャリスト「認定眼鏡士」がそろい
お子さまに快適なメガネをご提供します。

また、お子さま向けのフレームも多彩です。
ご家族が一緒になって楽しみながらお選びください。

すべての「見る」に、こたえを。キクチメガネ

  • VISION CARE という考え方

    詳しくみる

    VISION CARE という考え方