心配りが
心配を無くしてくれた。

「黒板の文字が見えにくい」とうちの子が言いはじめた。

小学生でのメガネデビューって心配ね。

やはりまだ早いかしら。
子どもは嫌がらないかしら。
これまで通り学校生活を送れるかしら。

答えが出ないから
メガネショップで聞いてみたの。

子どもの成長には「よく見える」ことが大切だって。
脳と視力が密接に関わっているなんてはじめて聞いた。

さっそく、メガネをつくってもらうことにした。
「疲れにくい」「よく似合う」のもポイントよ。
店員さんが気遣ってくれて、丁寧な説明とフィッティングで
親子ともに安心、満足。

子どもも気に入って、学校生活をお楽しんでいる。
あとは「よく学ぶ」こと、期待しているわね。

お子さまがはじめてメガネをつくるとき。
ご家族もお子さまも不安ですよね。

私たちはヒアリングに時間をかけて
お話をうかがうとともに、疑問についてお答えします。
そして、成長過程にあるお子さまにとって
快適なかけ心地の「よく見える」一本をおつくりします。

メガネができあがったら
ご家族でぜひ褒めてください。
温かく見守ることで
お子さまも自然とメガネが好きになっていくと思います。

お子さまを対象としたサポートも整えていますので安心してご利用ください。

すべての「見る」に、こたえを。キクチメガネ

  • VISION CARE という考え方

    詳しくみる

    VISION CARE という考え方